男性と女性

バサバサ飛来する鳩の対策は駆除業者にお任せ|コレで一安心

問題視される経済害虫

虫

近年、トコジラミと呼ばれる害虫による被害が問題視されています。トコジラミというのは経済害虫に分類される害虫で、その被害による経済的損失は大きなものとなっているのです。

もっと見る

おすすめ関連リンク集

  • 害虫駆除navi

    害虫駆除を依頼する時には現地で無料見積もりを行っているここがおすすめです。年中無休で営業を行っています。
  • ハチ駆除net

    迅速な対応を行なってくれるのでハチ駆除の依頼を行なうならサイトに記載されている内容を確認しましょう。
  • ハト駆除.net

    低価格で依頼ができるのでお財布にもリーズナブルです。鳩を駆除して安心して暮らせる自宅にしちゃいましょう!
  • 鳩対策駆除なび

    沢山菌を運んでくるので危険です!鳩対策をする時には早めに依頼しましょう。季節の変わり目が勝負時ですよ。

鳩による被害

ハト

鳩というのは、対策すべき害鳥です。この鳥が対策されるべき害鳥として分類される理由というのは、騒音被害や糞害にあります。鳩というのは、日本全国に分布しておりその数も非常に多いものとなっています。また、その習性としてマンションやアパートのベランダに飛来して羽を休めることが多々あるのです。一度飛来されたマンションやアパートベランダには、繰り返し鳩が訪れることになるでしょう。場合によっては、その数が10匹以上、20匹以上になることがあるのです。そうなってくると、その鳴き声は騒音になります。なにより、マンションやアパートのベランダですので、隣接する部屋の住民から苦情が入ってしまうこともあるのです。実際、一番迷惑を被っているのは、鳩が集まっているベランダのある部屋に住む住民でしょう。
鳩が同じ場所に繰り返し集まる理由として、糞が挙げられます。鳩は糞をするとき、繰り返し同じ場所に糞をする習性があるのです。そのため、休憩場所として飛来したベランダで糞をしたのであれば、そこへ何度も繰り返し糞をしに飛来するようになるのです。つまり、そのベランダのある部屋の住民は騒音被害に加え糞害にも苦しまされることになります。そういった被害が発生するため、この害鳥の対策を行う必要があるのです。しかし、鳩はしつこい性格のため、対策を行っても中々追い払うことができません。そういった場合には、専門の駆除業者に依頼することをお勧めします。

発生する被害と駆除方法

白鼻芯

ハクビシンと呼ばれる害獣は、元々里山などの一部地域のみで被害を発生させる害獣でした。しかし、近年では首都圏内の住宅にもその被害を広げているのです。ハクビシン駆除を行う際には、専門の駆除業者へ依頼しましょう。

もっと見る

優良な業者選び

作業者

屋根裏に野生動物が入り込んでしまった際には、気が付いた時に害獣駆除業者に連絡しましょう。早く連絡しなければ、屋根裏がその野生動物の糞尿で汚れてしまうことになります。

もっと見る