家

バサバサ飛来する鳩の対策は駆除業者にお任せ|コレで一安心

問題視される経済害虫

虫

戦後の日本では、トコジラミと呼ばれる害虫が大量発生し社会問題となりました。しかし、大規模なトコジラミ駆除政策によって日本国内にて根絶させることに成功したのです。そのトコジラミが、近年再び国内で被害を発生させているのです。国内で再び被害が発生している理由として、外国人観光客の増加が挙げられます。外国では、現在でもトコジラミによる被害が多く発生しています。そのため、外国人観光客が日本へ訪れる際にその荷物に紛れ込み、侵入してきてしまったのです。その被害は沖縄に始まり、日本本土にも広がっています。
トコジラミは、害虫の中でも経済害虫に分類される害虫です。経済害虫というのは、その発生によって経済的損失を伴う害虫です。トコジラミの場合、商業施設や宿泊施設など、様々な場所で経済的損失を発生させます。この害虫は、1mm程度の隙間であればどこからでも入り込むことが可能です。そのため、商業施設や宿泊施設内に発生したとしても発見することが困難なものとなります。発生したトコジラミの存在に気付けるのは、被害が発生してからでしょう。しかし、商業施設や宿泊施設内で被害を受けたのが利用者であった場合には、その施設への風評被害に繋がります。トコジラミ駆除をしようにも、市販の殺虫剤が効かないためトコジラミ駆除業者に依頼せざるをえません。その依頼料も高額なものとなるため、総合的な経済的損失は大きなものとなるのです。一般家庭にも入り込むことがあり、被害に遭うことがあります。そういった場合であっても、トコジラミ駆除業者への依頼が必要になるでしょう。